入試案内

HOME入試案内教育研究上の目的・ポリシー

教育研究上の目的・ポリシー

教育研究上の目的

医学部

 本学部は、「人の健康と福祉の増進」という医学の使命を達成するための人材を組織的に養成する。

医学科

 医学に関する知識・技術の教育を基盤にし、医の倫理に徹し、旺盛な探求心を有する医療及び医科学研究に携わる人材を組織的に養成する。

ページの先頭へ戻る

ディプロマポリシー

A知識・理解
  • 生体の構造と機能の基本原理を説明できる。
  • 個体の反応、病因と病態およびその診断と治療について説明できる。
  • 広く生命現象の解明ならびに疾患の病因・病理・病態の解明に必要な研究について説明できる。
B専門的能力
  • 生体の構造と機能およびその他の生命現象を解析し、その結果を解釈することができる。
  • 個体の反応、病因と病態を解析し、その結果を解釈することができる。
  • 収集された患者の医療情報を評価し、治療方針を立案できる。
  • 患者の訴えを真摯に受け止め、相手の心情を思いやりつつ病状や治療法を正確に説明できる対話能力をもつ。
  • 全身を総合的に診るための実践的能力をもつ。
C汎用的能力
  • 日本語ならびに外国の医学生物学論文を読解し、その内容を他者に分かり易く説明するためにプレゼンテーションすることができる。
  • 他者の医学生物学的プレゼンテーションを理解し、科学的討論をすることができる。
  • 情報通信技術を活用して他者とコミュニケーションできる。
D態度・志向性
  • 最新の医学生物学的知識、技術の習得に努める自主性と積極性を持つ。
  • 患者の治療に当たり、幅広い職種の医療技術者と連携する協調性を持つ。
  • 研究を通して医学生物学の発展に貢献しようとする意欲を持つ。
  • 自らが持つ医学生物学的知識、技術を広く社会に還元する志向性を持つ。
  • 身体的、社会的弱者の立場と心情を理解し、尊重する精神性を持つ。
  • 異社会の制度、文化、精神性を理解し受け止めることができる包容性を持つ。

ページの先頭へ戻る

カリキュラムポリシー

系統医学
  • 医学・医療の長い歴史で培われ、多くの場面で必要となる最新の知識や技能、態度を必修制で学ぶ。
総合医学
  • 地域社会や国際社会、あるいは医学教育の変化に伴い、ある場面で特に必要となる知識や技能、態度を主に選択必修制で学ぶ。
臨床実習
  • 大学病院あるいは地域や海外の医療機関で、患者や医療スタッフとのコミュニケーションを通じて、医師としてのプロフェッショナリズムを実践的に学ぶ。
社会医学
  • 医学医療における倫理学や法学をはじめとする人文社会科学系の側面、さらに統計学や情報学などの理学工学系の側面を学ぶ。
国際医学
  • 将来、外国人患者の診療や海外で臨床・医学研究に携わる動機づけのために、海外における医学・医療について学ぶ。
MD‐PhDコース
  • 4年生修了時に、医学系学府医学専攻博士課程に『飛び級』し、早期に本格的な基礎医学研究を始めることができる。

ページの先頭へ戻る

アドミッションポリシー

 21世紀の医学は、 遺伝子治療や再生医学・医療など重要で魅力あふれる分野が多くあります。医学部医学科においても、 高度先端医療の研究と実施にむけて、 これまでの伝統を基盤にして、 独創性に富んだ国際的視野をもつ医学者の養成を行っています。それと同時に、 臨床の場では診療行為の実力とともに人間味あふれ、 社会性に富んだ医師の育成を目指しています。そのために、 人の生命に興味をもち、 その研究に情熱を燃やし、 積極性と活力をもって医学に取り組むことができる学生を歓迎します。

教育理念 (教育理念・目標、育成する人材像等)

 医学部医学科は、 医学に関する知識・技術の教育を基盤にし、 医の倫理に徹し、 旺盛な探求心を有する医師および医科学研究者を育成することを目的としています。創始以来約100年の伝統に培われた医学科の教育・研究の成果として、 世界の医学界に誇る数多くの研究業績があります。またその名声により遠近を問わず広く一般患者に利用されている大学病院は、 より高度な医療と社会福祉の実現に向かって全力をはらっています。医師・医学者には自然科学者としての適性が求められる一方、 病気と闘う患者に寄り添うよき援助者であることも求められます。さらに医師の判断は患者の人生に大きな影響を与える可能性があります。医学部医学科での教育・研究は、 専門性の修得ばかりではなく、広く深く人間についての洞察を重ねることへとつながるものです。
 「人の健康と福祉の増進」という医学の使命を達成するための多様な人材を育成することが目的です。

教育プログラム
教育課程の特色・内容

 最近のめざましい医学の進歩にともない、 医学教育の内容が必然的に大きく変わり、 また、 同時に学習すべき内容が年とともに膨大な量になっています。これに対応するため、 本学部では6年一貫教育体制をとり、 より低学年から臨床の講義を開始し、 学生教育に対しても非常に力を入れています。一方で、平成16年度から医歯薬統合教育の試みも始まりました。
  実際の学部教育は以下のような教育プログラムに沿って行っています。1年次開講の医学入門では医学生としての自覚を芽生えさせるために病院等における医療・介護施設の体験実習を実施しています。その後、 医学の基盤となる生物学および人体の構造の概略を学びます。2年次では、 解剖学、 生理学、 生化学など生命の恒常性を保つ仕組みを勉強します。さらに、 種々の病気を理解するための基礎となる疾病基礎医学の講義と実習が始まり、 3年の前期まで続きます。この他に1年次を中心に基幹教育科目を履修します。これは九州大学の他の学部の学生達とも共通した教養並びに基礎力を身につけるためのもので、幅広い人間味あふれる医師の養成のために必要不可欠な教育プログラムです。平成19年度入学生から、この3年前期までは、医学部生命科学科との合同授業で、将来医学を担う学生間の交流を図っています。
3年後期から4年前期にかけて臨床医学の知識を学ぶ講義が行われ、 病気の原因、 診断、治療法などを勉強します。4年後期からは基本的な臨床技能を修得する実習が始まり、 患者さんとのコミュニケーションの取り方、 病歴の聴取、 基本的診察法などを学びます。同時に社会医学の講義も始まります。5、6年生では、臨床実習が行われますが、その前に医学生として病院を受診する患者さんを指導医と一緒に診る知識と技能がきちんと備わっているかどうかを評価するための共用試験を受験します。共用試験は知識を評価する筆記試験と技能を評価する実技試験からなります。
5、6年生の臨床実習では主に九大病院の各臨床診療科に1週間から4週間配置され、 指導教員の指導の下で、実際に患者さんを診察し病気を学んで行くものです。特に6年次では、 医師としての仕上げを行うために、引き続き選択制の研究室配属や臨床実習があります。このプログラムではそれぞれ与えられた研究テーマに沿って基礎あるいは臨床の場で進められている研究の実際を勉強します。あるいは、学内の診療科や学外や海外の病院を4週間ずつ選択し、5年生の時よりさらに実践的な臨床医学を学びます。その後、社会医学を再び勉強します。卒業試験に合格すると医学部卒業の要件を満たします。4年生終了時に臨床実習を選ばず、大学院博士課程の1年次への編入を選択することも可能です。これは別名MD-PhDコースとも言われ、 一足先に研究者への道を踏み出すことを希望する学生向けに設けられています。
平成16年度から、医師として働くためには2年間の臨床研修を受けることが義務化されました。プライマリケアを中心に幅広く医師として必要な診療能力を身につけ、人格を涵養する研修であることが求められています。九州大学病院は関連施設と協力して、しっかりとした研修教育体制を整備しており、学生臨床教育においても、医療の幅広い視点が身につけられるような教育を行っています。

教育指導体制

 医学部の使命は、 社会に役立つ立派な医師の育成、 人間の生命現象に関係し、人類の健康と幸せの為に役立つ研究、 それに加えて最先端の技術と知識を使って癌、 エイズなどの難病の診断と治療を行うことにあります。そのために教務委員会で、 常にカリキュラムの問題点を見直しながら、 時代に即した教育を目指しています。平成16年度から学生の自学自習を支援するためにコンピュータサーバー上に教材を掲示する Web学習システムを導入しています。また、 他学部との複合領域の研究、 例えば医工連携の学習の機会もあります。
 平成13年3月の医学・医療の在り方に関する調査研究協力者会議報告として「21世紀における医学・歯学教育の改善方策について」がまとめられ、 医学教育のために精選された統合型の医学教育モデル・コア・カリキュラムが提唱されました。このモデル・コア・カリキュラムは、 医学教育の根幹となるべき部分を提唱したものであり、 本学科ではこのカリキュラム、特に臨床前教育の章を参考にしながらも、 九州大学独自の特徴を持つ医学教育を進めています。  生命倫理に関する教育は、 生命、 特に人の生命を直接対象とする医学研究者、医療人の育成において不可欠のものです。生命倫理に関する基本的・普遍的な考え方を体系的に学べるようカリキュラムを編成しています。

求める学生像 (求める能力、適正等)

 医師の仕事は、非常に幅広く、基礎の研究者から臨床医まで選択肢も多い中で、最も大切なことは弱い立場の患者さんの味方となり、病気に苦しんでいる患者さんを助けることです。単に受験学力が高いから医学部に入学するのではなく、医師としてあるいは医科学分野の研究者として活躍するに十分な能力と素質をもち、明確な目的意識をもった学生を望んでいます。
 人間で最も大切なことは、「生きがいを持ち人間らしく生きること」です。命に直接関係するような病気を持っている患者さんは、ややもすると、この「生きがい」をなくし、生きる喜び、生きる目標を失っています。このような人達に優しい救いの手をさしのべることができる人間味あふれる学生を求めます。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 入学者選抜に関しては、一般入試(前期日程)のみを実施し、111名の定員です。選抜は、大学入試センター試験の成績並びに個別学力検査の成績に基づいて入学者を決定します。

ページの先頭へ戻る